2018/10«│ 2018/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/12
SELECT COLORS赤橙黄緑水色青紫桃灰SELECT COLORS
05:12:58
Dに行って、
新しいアテンザ(3個目の顔のやつ)を見てきたので、感想とか


新型アテンザ(GJ後期)試乗_001
 ↑LEDヘッドランプはさらに進化して、
  ついにフォグランプがいらなくなったらしい


本来ならこのタイミングでFMCだったはずだけど、
大幅変更でGJが延命された

前期は前期で、
今まで後期だと思っていたやつが中期で、
中期の後期でGVCが付いて、
この3つ目の顔のやつが後期ってことになるのかな

前期だ後期だとは、マツダは言いたくないのかもしれないけど





改めて今回乗ったのは、

アテンザセダンの25S Lパッケージ(6AT、FF)

色はソウルレッドクリスタルメタリック

お値段は354万2400円(8%税込)


オプションで、
ボディカラー、CD/DVDプレイヤー、360°モニター、パーキングセンサー等が付いていたっぽい

BOSEサウンドも付いてたけど、このグレードには標準装備らしい


オプション込みの乗り出しだと、確実に400万円になりそう

たっけー・・・


まぁGHのトップグレード(2.5リッター)の価格が、
今やボトムグレード(2リッター)と同等だからね

次期型で6気筒のFRになるとか言われてるけど、
そうなればさらに価格上昇は必至

GJを仕様変更するごとに価格上げて、その地ならしをしているつもり?


いいとこGJの初期型くらいの金額が、アテンザとしては限度だよなぁ

GJ中期くらいから、
歴代アテンザユーザーが価格上昇に付いてこれなくなってきてるっぽいし・・・

マツダは歴代アテンザ乗りを見捨てる気なのか?

400万円出せる人なら、
クラウンとか輸入車とか普通にいけるでしょ

そんなのと争ってどうする気?


じゃあ今回はそれなりの金額のクルマとして見てみましょう
(400万円クラスのクルマ、他に乗ったこと無いけど)



新型アテンザ(GJ後期)試乗_002

新型アテンザ(GJ後期)試乗_003



 〈走る〉

今回乗ったのは2.5ガソリン

パワーアップした2.2ディーゼルにはCX-8で乗ったから、
気筒休止が付いた2.5ガソリンに乗れてよかった

というかガソリン車しか無かったんだけどw


気筒休止が付く前の2.5ガソリンには、CX-5で乗ったことがあるけど、
基本的にそれと変わらない印象

気筒休止するのは巡行時とか限定的な状況だろうから、
自分が乗った時に作動していたのかはわからないけど、
もし作動してたとしたら全然わからない


パワー感は十分だけど、
ギア比の関係なのかCX-5の方がわずかに元気だったような気がする

先代CX-5ディーゼルと、中期アテンザディーゼルのときも同じようなことを思ったけど


魂動世代のマツダ車なので
発進時の飛び出し感は皆無

むしろそれがだんだん極端になってきて、
大人しすぎるような気もしてきた

リニアな操作感を通り越して、絞りすぎ・・・みたいな

オルガン式ペダルの動きも、踏み始めで少し渋い気がする

もう少しだけ軽い操作感の方が個人的には良いなぁ


ドライブセレクションスイッチをスポーツにすれば、
回転数が上がってピックアップが明らかに鋭くなる

これはおもしろいかも

ただ、スイッチの位置はもうちょいどうにかならないかな?

セレクトレバーにボタンで付いている方が、操作性いいような気がする
(昔ながらのODとか、スズキのCVTのSモード的な感じで)


試乗後に他のお客さんがエンジン掛けて軽く吹かしてるところを見たけど、
エンジン音がMZRよりも明らかにスムーズだなぁと思った


ただこれが400万円クラスとなると話が変わってくる

2.5とはいえ4発だし、
モーターとか過給機とかいう飛び道具無いし、
何か強烈なキャラを持っているわけでもなく、
日本ではこのエンジンにMTの設定無し


4気筒とかNAというのがダメなんじゃなくて、
(個人的には4気筒NAこそアテンザ)
300万円くらいでこれを売ってほしいなぁと


・・・ていうか今調べたら、
GJ初期型の25S Lパッケージは税込みで300万円じゃん!

初期型はそれを実現してるじゃん!


それが中期で333万円、今は354万円・・・と

装備追加されたり内装凝りまくってるのはわかるけど、さすがにどうなのよ


おっと、走る項目なのに関係無くなってしまった




 〈曲がる〉

先日の大幅改良CX-3と同じく、
アテンザも足回りにいろいろ変更を受けているらしい

今回新しくなってのハンドリングは、
CX-8辺りからのマツダ車共通って感じかなぁ

ハンドル軽くて、なんとなくGVCが効いている感?が増して、スイスイと曲がっていくような


ボディはでかいし、ノーズも長いけど、
このハンドルの軽さなら街中でも走りやすそう

速度上がればドシッとしてくるだろうか


しかしここでも残念な点を挙げると・・・

中期(GVC付く前)の、ワゴンディーゼル4WDの17インチ仕様のハンドリングが最高に好みだった自分としては、
この改良後のハンドリングはツボから外れた感じ

全然悪くは無いんだけど、個人的な好みという話で




 〈止まる〉

毎度のように特に書くことも無いけど、
ATなので停止寸前の抜きは、MT比では難しい


1日くらい借りて普段走っている道を走れれば、
また違った感想が出てきそうだけど


あ、
今回は試乗コースが少し違ったのだった

急な坂には行かず、その分ぐるっと回ってくるコースだった

道わからないから余計にゆっくり走っていたのも、
何も感想が出ない理由の1つw




 〈快適性など〉

19インチだけど、硬さはほとんど感じない

GJ初期型の19インチに比べたら、相当快適になっていると思う

17インチ履いたGH(グラホノカ)と同じようなレベル


基本設計の進化と熟成で、2インチの差は帳消しになってしまったようです


乗り心地が良いということは、
路面に対するタイヤの追従性が良いということだから、たぶん雪道でも扱いやすいのかなと思う

雪道ついでに言うと、
除雪車が走った後の凸凹なんかだと、初期型との差はかなり大きくなりそう


欲を言えば、
コミコミ400万円レベルなら、さらに重厚感が欲しい

「このクルマ乗ってれば、どんな路面でもだいたい無敵」
と思えるくらい・・・

試乗終わってグラホノカに戻ったときに
「うわ、GHって安っぽいなぁ~」
と思えるくらいのレベルね


現状ではGHに戻ってもそこまで大きな差は感じない

DJデミオの試乗からDYデミオ(ラブル君)に戻った時は、
上に書いたような大きな差・驚きを感じたから



ロードノイズは十分静かかなとは思うけど、
進化の幅はCX-3の変更に比べて小さいなぁ

正直、19インチのせいか予想してたよりは音が入ってくるなと思った

カー○ュー辺りで開発者の人の言葉を見てたから、
ハードルが高くなっていたせいもあるけど



GJ中期でインパネデザインが変わってから、
前席のセンターアームレストが使いにくそうになったけど、
実は縁の部分だけでも腕が置けることがわかった

革も結構クッション性があって、快適だった

使い過ぎるとそこだけヘタリそうな気もするけどw


新型アテンザ(GJ後期)試乗_004
 ↑インパネも3個目のデザイン


エクステリアと同じく、インパネ周りも2度目の大幅変更

2つ目のインパネをさらに洗練させたという感じ

値段が値段だけあって、かなり質感高い

マテリアル的にも凝っていて、様々なものを使っている


ドアの内貼りも変更されて、
かなり大胆な造形になった

外側のエアコン吹き出し口が、ドア内張りをえぐるような形状

カッコいい


相変わらず気になるのは、エンジンスタートボタンの位置

2つ目のインパネからだけど、なんでこんな場所なんだろう

押しづらいし、夏場は暑くて触れなそうだし、
意味がわからない


新型アテンザ(GJ後期)試乗_005

メーターは大幅進化して、液晶メーターになった
(スピードメーターの部分だけ?)


エンジンを始動すると、「ATENZA」のグラフィックが出てきてカッコいい


変更前は右側にインフォメーションディスプレイがあったけど、
新型は液晶になったのでスピードメーター内に表示されるようになった

見やすそう


液晶だけどアナログメーターの見た目にしたのは、マツダのこだわりかな?

液晶メーターだと、ナビの画面をメータ内に出すクルマもあるけど、
マツダ的には、HUDがあるからそっち見た方が視線変化少なくて安全だとか言いそう
(↑個人的予想)



装備的な面は、基本的には何でも付いている

今回からはシートベンチレーターまで付いたらしい

さらっと見た限りで唯一不満だったのは、
トランクのイージークローザーが無い点

3BOXセダンだから無くてもいいという判断だろうけど、
グラホノカ(GH)には付いてるし、もっと言えばマイコゥちゃん(L880Kコペン)にも付いてた

高いんだからそのくらい付けようよマツダさん




 〈まとめ〉

初期型とは別物と言っていいほど熟成が進んだGJアテンザ


クルマ的に欠点らしい欠点って無いかも

乗り心地も良くなったし、
味付けの好き嫌いこそあれどハンドリングもすっきりしているし


ただここで記事の冒頭に戻って、お値段ですよ


GHやGJ初期型くらいの値段なら、
無敵じゃん!と言いたいんだけど・・・

この個体で350万円オーバー、
ディーゼル4WDともなれば軽く400万円レベルになるとねぇ

周りのクルマの車格も変わってくるから、
このくらい良くて当たり前っていうか



モデルサイクル中に同グレードで50万円以上の価格上昇かぁ・・・

普通に考えたらFMC後は、これと同等かそれ以上になるよね
(次期型がFF、4気筒のままだとしても)


これからアテンザは、
今以上の価格帯(400~500万円レベル?)で戦っていくんだなぁ

そう考えると、
もっともっと重厚感・高級感・先進性・性能を身に付けないと話にならないでしょ

日産(フーガ・スカイライン)ですらトヨタ(クラウン)にまるで歯が立たないんだから



GHくらいの価格帯に戻ってくればいいのに・・・

クルマは良いけど、
そんなことを思った最新型GJアテンザの試乗だった



 [追記]

写真を追加

 →こちら

Parent category:クルマ Category:クルマ[試乗・インプレ]│ コメント:--│ トラックバック :--
最近の記事
月別表示
  since 2008/4/28